Skip to content

夏ばてを防いで元気になるためのうなぎは精力アップにも役立つ

私たち日本人が大好きで、土用の丑の日になれば「精力をつけるためにたくさんうなぎを食べておこう」ということから日本全国でうなぎを食べられているにもかかわらず、将来的に食べられなくなってしまうというのは一体どうしたものでしょうか。

うなぎの生態がさっぱりわかっていない

そもそもうなぎは一体どうやって生殖して、たくさんの子孫を残しているのか今ひとつよくわかっていません。
つい最近になって大学の研究グループが研究成果をあげたようですが、それでもうなぎの生態が全て明らかになったというわけでもありません。
漁獲量が激減している昨今、将来的には食べられなくなるというデータも出てきたため食べられなくなるという情報が出てきたのです。

どうしてうなぎで精がつくのか

ところでうなぎを食べるとどうして精がつくのでしょうか。
それは「うなぎにたくさんのビタミンが含まれている」ことです。
普通の魚にはそれほどビタミンが含まれているわけではありませんが、うなぎにはたくさんのビタミンが含まれており食べるだけでビタミンサプリを飲んだことと変わりなくなるのです。
もちろんビタミンだけではなく、亜鉛なども含まれ私たちの体に大変良い成分が含まれています。

昔から愛されているからこそ鰻効果もある

うなぎは古来から日本人に愛されており、土用の丑の日に代表されるような「精のつく食材」として有名です。
それゆえ、「うなぎを食べれば元気になれる」というような考えが日本人の間に広まっています。
もしかしたら「うなぎを食べてもそれほど元気にならないよ」という方もいるかも知れません。
そう、多少なりとプラセボ効果と呼ばれる思い込みの効果も含まれているからです。
自分にうなぎが効かないことは異常だということは決して思わなくて結構です。

またうなぎは暑くて食欲が落ちやすい時期であっても、たくさんの量を食べられるという魅力を持っています。
暑い時期にこそたくさんたべて、元気をつけなければならないにもかかわらずそうめんとか冷や麦のような物しか食べられないというのではドンドン夏ばてを進行させてしまいます。
うなぎをたくさん食べていただければ、元気が出ますし夏ばてになることなく健康で元気な夏を過ごすことが出来ることかと思われます。